マイクロチップの詳細な情報

マイクロチップ

マイクロチップとは

 マイクロチップ(MC)は、直径約2mm_長さ約11mmの円筒形のガラスのカプセルで包まれた小さな電子標識器具です。その中には、15桁の固有番号が記録された部分と、アンテナの役割を果たすコイル等で成り立っています。ライフチップ、ICチップなどという名称でも呼ばれています。

 MCに書かれている番号は、専用のリーダーという装置を使って読むことができます。現在、日本で普及しているMCはISO規格に準じたものですから、どこのメーカーのリーダーを利用しても固有番号を読みとることができます。海外にいっても、ほとんどの国の空港等で検疫の際に、読み取ることができます(詳しくは、大使館等へお問い合わせください)。

 MC自体は電源を必要としないので、電池の交換は必要なく、一度動物の体内に注入すれば一生交換する必要はありません。

マイクロチップの装着方法

 実際の手技がビデオでご覧になれます。

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional